会員との面談が第一歩

結婚のご縁を求めている人に、ご縁探しをお手伝いするのが結婚相談所の仕事です。お見合いのセッティングをしたり、成婚までのサポートをしたりするためには、会員のお相手探しに必要なプロフィールを作ることからスタートします。お相手候補に、どのような人物なのかをよく知ってもらうためです。

お見合いのためのプロフィールを作るには、年齢や職業、家族構成、年収などさまざまなデータが要素になっています。しかし、最も決め手となるのは、会員の個性的な良さです。性格面は、年齢や職業、年収からだけではわかりません。自己紹介も一つの参考にはなりますが、やはり第三者から見た人となりが、これから初めてお見合いする人への印象を強くするものです。第三者である結婚相談所のスタッフが、会員の良さを伝える役目を担っているのです。

会員の良さをアピールするとき、結婚相談所のスタッフが会員のことをよく知っておく必要があります。紙にプリントされたデータ以上に、会員と面談してコミュニケーションをとった内容が、プロフィールに反映されるのです。結婚相談所のスタッフが会員といかにコミュニケーションを深めて良さを見つけるかが、会員のお見合いのきっかけや成婚への渡し船となります。